"参加された方の声

山路 はるか

haruka
 「ペラペラゲーム」を終えて

今回の作品は殆ど全場面に出場、1時間半は緊張の連続でした。
しかし、次々と出される演出のアイデアが面白く、台詞や動きが体に入ってくる頃には表現することの楽しさを存分に味わわせていただきました。

TBスタジオクラブはアマチュアのシニアがプロの先生のご指導と支えによってなんとか本番を迎えられるように仕上げて頂けるのが魅力の一つ。また観客にとっては小さな会場で演者をすぐそばで見られるというのも芝居に親しむ事のできる要素の一つだと思います。 

演劇の魅力を伝える事への情熱に燃えていらっしゃる得丸先生の、
時には厳しい叱責にめげそうになったこともあるけれど、終わってみると全ては成長の為の一過程と受け止められるのです。     

公演を終えた今、益々演劇の魅力にはまってしまいそうです。
一息ついて次の機会への挑戦を楽しみにしています。
■次回出演作品 11月15日 「音楽劇・わが町」

大西マコ

1
TBスタジオで初めて観劇したのは、もう4年ほど前になります。
出演する友人から「チョッと汚い小さなスタジオです」ってお知らせいただいて・・・。
行ってみたら「えっ!ココ?」って思えちゃうような普通のお家。そして小さなドア!
だけど、そのドアを開けてビックリしました。
ソコには別世界が広がっていたんです。
外からは想像できないような“演劇空間”がソコにあった!
まるでドラえもんの“どこでもドア”のような“ドア”が大好きになりました。
アレから、何度も“ドア”を抜けて、TBスタジオ☆クラブに参加して、いろんな世界を体感させていただいてます。
そして“ドア”のコッチ側から観に行ったり、アッチ側から観ていただいたり・・・
その度に全く違った、人物・時間・場所・景色・・・!!凄いです。
アッチ側の時には、厳しく辛い事も山ほどあるし、緊張も半端ないです。
「芝居なんて、もう辞めた!」って思うこともシバシバ!
だけど・・・また“ドア”を抜けたくなってくる。不思議です
少しだけ“ドア”を開けて入った時の自分と変化していることに気が付く。
きっとコレからも“ドアの先”に面白い魅力的な世界が現れては消えて、そしてまた現れるのでしょう。楽しみです。
■次回出演作品 5月8日~10日 「楽屋」

平川ふゆ子

hirakawa
TBスタジオ・リニューアル記念公演、しかも本邦初演の「最も古い職業」に出演できて大変幸せに思っています。
自分以外の人生をかいま見たくて演劇を始めて7年、いくつかの役を経験しましたが、娼婦の世界を描いた芝居に参加することによって演劇の奥深さ、限りない可能性を感じました。いささか遅いのですが、洞察力のようなものも獲得できたような気がします。
そしてTBスタジオのシンプルな空間が、アメリカのごみ箱を一つポーンと置くだけでニューヨークの公園になる、という「マジック」に心が踊ったりもします。
これからもこの不思議な空間で沢山の演劇愛好家が夢を実現されるのを楽しみにしています。
■次回出演作品 5月22日~24日 「出番を待ちながら」

公演スケジュール、演目などはこちらのページにて詳しく紹介しております。

定期公演のスケジュールはこちら

"参加された方の声

前田 エミ

前田エミ
今回、TBスタジオリニューアルオープン記念公演「最も古い職業」という、とても面白い作品(それも日本初演!)に参加出来たことは、私にとって大変貴重であり、いろいろ勉強させていただいたと思っています。

初めての方との共演、初めての演出家さんとの共同作業と、いろいろ大変な部分もありました。
なかなか上手くいかず、めげそうになった時もありましたが、なんとか公演までこぎつけたのは、皆さんのご協力のおかげでした。

今回、改めて自分の未熟さを痛感した公演でありましたが、少しでも今後の糧にしたいと思います。
本番は、あたたかいお心のお客様ばかりでしたので、最後まで楽しんで観ていただいたのには感謝でいっぱいです。
いつも欠かさず観にきて下さるお客様は、面白かったよと言っていただいたのと、TBスタジオで行われる作品は好きと言って下さるお客様もいらっしゃるので、とても嬉しいことです。

今後も、良いお芝居をみんなで作れる空間、勉強の場でもある空間のTBスタジオであってほしいと思います。
本当にどうもありがとうございました。
■次回出演作品:12月19~21日 「ベルナルダ・アルバの家」

宮内佳代子

宮内佳代子
「刑務官」という日常生活では接する機会のない役での舞台に好奇心を刺激されました。
自分が知らない世界でもそれぞれで生きている人の心はどこに居てもあまり変わらないし、犯罪を犯すか否かも紙一重。ペラペラゲームでは、罪をにくんで人をにくまずのように、人が生きることへのメッセージが最初から最後まで散りばめられていると思いました。

観に来てくれた私の友人、知人からは、「面白かった、
また是非観に来たい。出演者それぞれの個性が際立っていて面白かった。出演者の姿に元気を貰った」等概ねお世辞ではない感触を実感し安堵しました。

自らの人生も山あり、谷ありでここまで来てあとどの位時間が残されているのか分からない。分からないから取り敢えず、一生懸命生きてみよう。そうすれば何があっても後悔だけはしないのではないか。これからも私らしくを大切においっちに、おいっちにと・・
■次回出演作品 

平川ふゆ子

hirakawa
TBスタジオ・リニューアル記念公演、しかも本邦初演の「最も古い職業」に出演できて大変幸せに思っています。
自分以外の人生をかいま見たくて演劇を始めて7年、いくつかの役を経験しましたが、娼婦の世界を描いた芝居に参加することによって演劇の奥深さ、限りない可能性を感じました。いささか遅いのですが、洞察力のようなものも獲得できたような気がします。
そしてTBスタジオのシンプルな空間が、アメリカのごみ箱を一つポーンと置くだけでニューヨークの公園になる、という「マジック」に心が踊ったりもします。
これからもこの不思議な空間で沢山の演劇愛好家が夢を実現されるのを楽しみにしています。
■次回出演作品 5月22日~24日 「出番を待ちながら」

公演スケジュール、演目などはこちらのページにて詳しく紹介しております。

定期公演のスケジュールはこちら